論理思考を奪われた時間平面

したいことをしたいときにできるように世の中は作られていない。ギリギリの所でつじつま合わせを必ず図ってくる。このため、大量の利益を得ることはどの年においてもむつかしく思われる。試みてきたところで失敗を恐れ、安全策を選ばざるを得なくなってくる。しばらく本を読まねば論理思考回路はさび付き、蝉の鳴き声にすら憤りを感じてしまうこと。涼しさを求めるあまり、ホラーにのめりこめば、いつの間にか運気は急降下。手早く扇風機でも買ったほうが何10倍もましなことだろう。時間と金は常に同じレートで取引されはしない。休暇時の金はドブに捨てるようなもので、繁忙時の時間は価値のなくなった札束に同じ。あらかじめ使い方を決められたものなど使ってもいみがないよ。権力に屈し、金で解決。こういう策は消費ゲージが決まっているのである。無意味に使えば誰も助けはしないだろう。お金ですることというのは、元来本を買うためにしか使わなくていいと思っている。知を蓄えることは本でしかできない。しかし他の衣食住はある程度補償が効いている。この上一般常識、というものは論理栄養の補給を前提として話を進められることがしばしばみられる。世話焼きだろうが、かわいい女子であろうが、結果知識を持たない者は残っていない。隠居したり、空気と化してはやりから逸脱してしまった人間を除くと、依然として一筋縄に世の中は過ごしていけないものである。学歴に胃を痛め、バイトに身を窶す。ゲームでいうゴール、クリアとはこれではないと、誰でもわかっている。しかし、知ってはいない。どこかで奇跡が起こることを誰しもが待っている。皆平等に、努力をしたくないと思っている。これは誤謬である。なんでかって、こう問われると、さまざまな思想があることを知っておく必要がある。何も、知というものは一回インストールすれば何度でもスタートできるプログラムとは違って、よほどの暗記能力、文字保存能力でもない限り正確に的確に脳から引っ張り出せることは少ないのである。記憶は劣化する。日々睡眠によって再編纂される記憶とは蓄積され、しまわれる抽象情報である。勿論、手では触れることができないため、直接取り出すことはできない。この上、パソコンと同じように、メモリを喰う。お荷物みたいなものである。サプリメントで容量を増やしたり、サーバを円滑にできたり、薬理学からのアプローチはできるものの、さてこれは私の仕事だったかな、と。気づかないうちにやることが増えている、これは恐怖である前に、怠惰の結晶、逃れるべき足枷であろうよ。

労働とかなんとか、心配してたけどまとめてみたらまぁまぁだった。

労働とは、私が最も嫌いなことであり、苦労を伴う。しばしばこれを行う人は、苦労を得ようとも、開館を得るらしい。なんてことだろう。社会がこうだから、とかの具門はやめておくが、はっきり言って雇用労働はいじめの温床になるから嫌いである。弱肉強食と言ってしまえば元も子もないのである。学校がいじめで悩んでいても、(高校は学校のいじめが黙認されるが。)社会ではこれをそのままにしておく。誰も解決せず、人任せで、しかし義務を要求する。上からの指令、命令と云われよう事柄は会社の環境、特にストレス管理に関しては発展途上そのものである。暴力は反対意見が多数出ようとも、言葉の暴力、数の暴力、管理する側も抗えない力は黙認されている。22になれば、社会に出る。リクルートスーツを着て、社畜となって、多くの社会人が(これは瞬間的に学生であった人も含む)野に放たれる。というわけではない。逆だ。豚小屋に閉じ込められる者もいれば、客寄せパンダとなるものもいるし、機械の一部と化している者も...こんなことは想像したくないのである。こんな未来なんて望んでいないのである。

 さて、ここでは自分なりに、学生なりに処世術、というか労働者という身分に限定した突破法、回避法を生み出したいと思う。人間、社会から孤立してしまうにはまだ早く、65歳を越えなければ、あるいは野生の力を持っていなければ(持っていたとしても金に換える必要があるため、第一次産業に吸収されることになる。)社会を顧みることなく趣味に没頭したり、人生を自分のためだけに贅沢に過ごすことが許されていない。どこの国もほぼほぼ、働かざる者食うべからず、というところまでは同じであろう。思想云々は置いておいて。

 先ず22歳。ここから社会人生活はスタートする。すぐにパートナー云々、妄想が広がってしまう諸君もいるだろう。性生活も重要だが、先んじて必要なのは資金、立場、人脈であろう。というか、日用品経費なんやら、とにかく一人暮らしは経費が掛かる。お金は大事とは、ここに生きるのであろうと思うばかりである。最初に思ったのが、いくらお偉い職業に就いたとしても、一人暮らしが最初ならば安い物件、いわくつきでない3万円くらいの物件に住むほうが良い気がする。下手をして最初から5万とかの物件に住んでも、5万×12か月×16年で約1000万円となる。3268万円、仮に公立中学校教師になったとして考えてみる。年金は684万円、保険料は365万円という風に、単純計算でこの引き算、2219万円しか手元には残らない訳である。他にも、家庭を持つことが前提なら、幼稚園68万円、小学校189万円、中学校144万円、高校134万円、大学457万円。これを合算すると、992万円。引き算すると、1227万円しか残らない。これはどうしたものか。哀れに思えてくる。しかし、改めて計算してみると、生涯収入は約2億5000万円ほどになるそうだ。とすると、根本から変わってくるから、食費、雑費もろもろで1億、ということも想像がつくということである。残りの1億5000万円を貯金に回せたらなぁと、常々思うばかりである。

東方の今後について

東方とは、東方プロジェクトの略称の事、詰まるところSTGである。なんとなく聞いたことがある?いろいろな人がいるだろう。そこで今回、その歴史についてざらっと振り返ってみたい。

 

 永夜三部作。

 モリヤ三部作

 後のもろもろ

3個目は然り、私は何かと焦りを感じている。それはまた次回の時に話そう。

むむう

折り畳み式キーボード、買いたいですね。これは。

 

 唐突なのだが、いろんなところ(学校で主に電源を引いて使えるということから有用な気がしてきた。最近買いたいものがたまりすぎていてぬううという感じなんだが。だがしかし、お金はもうすでに底をついている。給料も25日にならないとはいらないということだし、何だろうか。本でも売ろうか。しかし、そう思って幾度となくブッコフさんにはお世話になったが、やはり、処分するといった感じが強い。お金は入らないらしいのでやはりおとなしくネットにこもっていようかと思う次第である。

 

あ、もちろん、これこの商品はニッチ向けだと思いますよん。今みんなタブレットだしね。しかしーーーーーキーボードの方が入力がしやすかったり、ゆっくり使ったり、それには使えると思うんですよね。マウスも併せて買ってみたいと思います。また、使用感覚についてはレビューできればなーーーーっとおもうまうす。はい。

 昼飯をたべないといけないんだ!!(迫真)ノシ

とうとう作った

いやはや、ここまで3年くらい音沙汰なかった。しかしながらこうしてまたブログをここで始めることになるとは思ってもいなかった。

 

 さて、私が何を言いたいかとかはどうでもいいし、どっちでも良い。しかしながら最近、ブログというものがもう古いもののように扱われていて心底落胆してしまう。が、ここは、何とか自分だけでも続けるべきではないかと思い今回の記事を書いた次第である。(決して暇人ではないんだがな←布石)

 

思えば、うごくメモ帳がでてもう10周年立つころだろうか(そんなに経ってない?)

あのころ、小学校の頃の方がネットには親しんでいた気がする。今は時間がないだけ、とは一概に言えないのである。大部分は、友達といわれる、そういえる人が少なくなったこと。つまりは純粋に話したりできる人がめっきり中学校を境にしていなくなったということである。これは宇宙の摂理ともいえるほど抗えない事柄なのだが。

 

 しかし、よくも10年でこんなに変わったなーとか。おもうわけだ。はてなブログは変わってなくて安心したんだがな。そろそろ2000年代のインターネットの歴史とか本にならないかなーとか思うわけだが、需要もないだろうし望めないことだろう。いつだってニッチは肩身が狭い、しかも周りにそういう人がいないのだから。

 

 さて、悲観的ともみられる?いやこれは自分からすればどうでもよいことなのだ。自然と染み出た言葉。長年インターネットとふれあってきた結果であろう。2003年に初めてインターネットに触り掲示板をみて、パソコンが壊れたりして、いろいろ困難があったなーと。かれこれ14年。しかしこれが19歳なんだよなまだ。こんな人って周りにいないんだよね絶対。だからこそ自分もうれしいのか、いやそんなことは無いのである。孤立のオンパレード、つらいことしかなかったーね。おそらくリア充という奴ではないほうの人たちに私は属している(現在完了進行形で。)

 

 雨が降るたびに外へ出たくなくなる。家に引きこもる。ネット漬けになる。ブログをやっていても小学生のころ楽しかったのは、まぎれもなく周りに友達がいたからだろう。高校から決定的に結構なものが変わってしまい、人生は急降下してしまったわけなんだがね。それも事故的なものだったし、どうしようもないものであった。要するに自分のレベルにあったところ云々よりも、金がないと東大には、頭のいい大学にはいけないということが分かっただけであった。結局学力そのものは金で解決できるんだよなぁ^(うつろな目)

 

 そろそろ、手もかじかんできて、自分の部屋(仮)からは隙間風が吹き込んでくる。高校の時に自分の部屋がなかったというのはやはり大きかったのだろうか。やり直せないと悟った瞬間から自分の生活、人生は始まるのだなと常々思う。鳥がうらやましいかも。いや、鳥。可愛くない?あのちっこいの。いやはや、至極の癒しだよありゃ。市街地だと何にも自然がないからね。せめてもの癒しなのだよね。ってことで、一回目は終了。誰も見ないことを祈るよ(怯)。見てほしいとは思わないもの。あなたが偶然目にしてしまうだけなのだからね。それは私からするとどうもしようがないことなの。